HOME歯周病治療

歯周病治療periodontics

歯周病が全身に与える影響

歯周病は、歯と歯茎の間から入った細菌が歯肉に炎症を引き起こす病気ですが、治療をせずに放置していると口の中だけに留まらず全身に悪い影響を及ぼします。糖尿病やインフルエンザ、心臓病、呼吸機能疾患、動脈硬化、妊娠中の方であれば早産の原因になるなど、全身的な症状が歯周病によって引き起こされる可能性が大きくなります。しっかりと口の中のメンテナンスをすることによって、そのような全身疾患のリスクを軽減することが可能になります。歯周病対策をすることは、歯を守るだけではなく、心身ともに健康な毎日を送るために必要なことなのです。

歯周病の怖さ

歯周病が進行すると、歯茎が腫れるだけではなく歯を支える顎の骨(歯槽骨)が溶けていきます。歯槽骨が溶けてしまうことで歯は支えを失い、グラグラと動き出して最終的には歯が抜けてしまいます。痛みや腫れなどの自覚症状が出てくるのはかなり末期になってからで、初期や中期の段階は自分ではほとんど気づかないことがこの病気の最大の特徴であり、また一番怖いところです。しかし、初期のうちであれば適切な処置をすることで安定させることができます。歯や歯茎に違和感を感じられている方は、手遅れになる前に検査を受けることを強くおすすめします。

当院で行う歯周病治療

当院の歯周病治療においては、まずは丁寧な検査を行うことと、「自分の口の中が歯周病に侵されている」「治療をする必要がある」ということを患者さまご自身にしっかりと認識していただくことを大切にしています。歯周病はある程度の段階までは自覚症状がないために、それほど危険性を理解していない方が多くいらっしゃいます。当院の歯周病治療では、検査の後に歯周病の怖さや治療を行う必要性を詳しくお伝えした上で、効果的なブラッシングの方法を身に着けていただき、ご自宅で実践していただくようにしています。院内での治療としては、スケーリングとルートプレーニングという方法で歯石や歯垢を徹底的に落としていくことで、症状の改善を図ります。

歯周病の検査

歯周病の検査

歯周病の進行度は、専用の機器で歯と歯肉の間にある溝の深さを計ったり、位相差顕微鏡を使って口の中にいる細菌の種類を調べたりすることで確認できます。「歯がグラグラする」「歯茎に出血がある」というお悩みで来院されて、最初から歯周病の治療に入る患者さまもいらっしゃいますが、虫歯の痛みや歯がしみるなどの訴えの際に歯周病の検査を行った結果、歯周病だと判明して治療を進めるケースも多くなっています。位相差顕微鏡による検査では、口内にいる無数の細菌の姿を患者さまに自分の目で実際に見ていただくことができ、治療とセルフケアへのモチベーションアップに役立っています。

口臭が気になる方へ

口臭が気になる方へ

当院では歯周病の治療の一環として口臭治療も行っています。位相差顕微鏡による細菌の検査と、スケーリングとSRPをはじめとした徹底的な歯周病対策によって症状の経過を見ていきます。口臭はお口の中だけのことではなく、内科的なことも関わってくる場合が多いため、患者さまそれぞれの状態に合わせた全身的なアドバイスもさせていただいています。最近では虫歯や歯周病ではなく最初から「口臭が気になるのですが……」というご相談で来院される方が多くなっており、女性の方も増えています。気になることがありましたら一人で悩まずにお気軽にお問い合わせください。