HOME小児歯科

小児歯科pediatric dentistry

お子さまの歯を守るためにはご両親の口腔ケアを

お子さまの歯を守るためにはご両親の口腔ケアを

6か月頃から歯が生えはじめますが、お子さまの口の中には最初は虫歯の原因になる菌は存在しません。生活をしていく中で周りの人とのスキンシップやスプーン・箸の共有などで、唾液を介して感染します。赤ちゃんと多くの時間を過ごすのはご両親です。お父さま、お母さまからの感染をできるだけ避け、無菌状態を長く保つことで、虫歯になるリスクを減らすことができます。お子さまを虫歯から守るためには、まずはご両親の口腔ケアが大切になってくるのです。

仕上げ磨きの重要性

仕上げ磨きの重要性

虫歯のない綺麗なお口を維持するために、もっとも大切なことはやはりブラッシングです。小学校低学年までは保護者の方が必ず仕上げ磨きをしてあげるようにしましょう。小さいうちは自分で完璧に歯磨きをすることは難しいので、仕上げ磨きで磨き残しを綺麗に取り除く必要があります。スキンシップや楽しいコミュニケーションを交えながら行うことで、「歯磨きって楽しい」「歯が綺麗になると気持ちいい」とお子さまに思ってもらうことも大切な仕上げ磨きの役割です。うがいが上手にできるようになって歯磨き粉が使える年齢になったら、フッ素入りの歯磨き粉をつけて磨くと良いでしょう。

乳歯の虫歯を放置するリスク

乳歯の虫歯を治療せずにそのままにしていると、さまざまなリスクをお子さまに背負わせることになります。歯が痛ければものを噛むことができずに噛む回数が減り、それに慣れていくと噛む力やあごの発育に支障をきたしてしまいます。また乳歯の時期の虫歯は、隣の歯や噛み合っている相手の歯に影響を与えます。そのまま生え変わりが進むと、将来的に不正な歯並びと噛み合わせを引き起こすことになります。さらにあまりにも虫歯が大きくなった場合には、乳歯の根っこの部分まで感染が進んで、その下に控えている永久歯の形成不全に繋がることもあります。一生使う永久歯や綺麗な歯並びのためにも、「いずれ生え変わるから」と放置せずにしっかり治療することが必要です。

かかりつけの歯科医院を持つことの利点

かかりつけの歯科医を持たないお子さまの場合は、基本的に「痛くなってから仕方なく歯医者さんに行く」ことになるため、重症化してからの治療になるケースが多くなります。特に乳歯は永久歯と違って柔らかく、虫歯の進行が早いのが特徴です。神経まで虫歯が達してしまうと、神経を抜いたり抜歯をしたりと、お子さまへの負担が大きくなります。かかりつけ医を持っているお子さまであれば、虫歯が小さいうちに気づくことができるので治療も最小限で済むという大きなメリットがあります。

歯についての年齢別のアドバイス

0歳~3歳

0歳~3歳

この時期はご両親の影響が大きいので、歯磨きや歯医者さんに対する苦手意識を持たないように、お母さまやお父さまにしっかり歯に対する意識を持っていただくことが大切になります。奥歯が生えてくる頃から磨き残しが出てくるため、丁寧な仕上げ磨きを心がけましょう。

3歳~6歳

3歳~6歳

乳歯が生え揃って、さまざまなものを食べるようになる時期です。それまで甘いものを食べる習慣がなかった子が、集団生活の開始などをきっかけに急にお菓子などを食べる機会が増えると、一気に虫歯が広がってしまうケースがあるので注意が必要です。また、5歳前後には歯列不正が見分けられるようになります。心配のある方は早めに診察を受けておくと将来的な綺麗な歯並びのために役立ちます。

6歳~12歳

6歳~12歳

乳歯から永久歯への生え替わりが進み、将来的な口の中を左右する大事な時期にあたります。この頃になると、お口の中の環境がとても良いお子さまと過度に悪いお子さまに極端に分かれる傾向があります。この先何十年も使うことになる永久歯を早くから大きな虫歯にしてしまうことは避けたいものです。お子さまのお口の健康を長期的に維持していくために、ブラッシングの指導など、予防措置を丁寧に行う必要があります。

学校検診で「虫歯なし」なら大丈夫?

小学校や幼稚園、保育園などでは定期的に歯科検診が行われています。しかし、学校検診では体育館や空き教室などを利用して、短時間で多数の生徒さんの口の中を視診により確認しており、多くの場合は歯科の診療室と違って薄暗い部屋で、簡単なライトを使っての検診となります。そのため学校検診でお口の中の状態全てを正確に把握することは不可能といえます。「学校検診で虫歯が見つからなかったから問題ない」と安心せずに、歯科医院でしっかりとした環境で時間をかけて診てもらう機会を作ることが、歯に関するトラブルの早期発見・早期治療の上で欠かせないものとなります。

歯の外傷への対応

歯が折れた、欠けたといった歯の外傷で来院されるお子さまも多くいらっしゃいます。怪我の度合いにもよりますが、まずは素早い処置をすることが大切になります。できるだけ早く歯科医院で治療を受けることで、抜けたり欠けたりした歯を元通りに戻せる可能性や、グラグラ揺れている状態を治せる可能性が高まります。外傷の治療は時間との勝負です。早く処置すればするほどその後の治りが良くなるので、慌てずにすみやかに歯科医院を受診するように心がけましょう。