HOME口腔外科

口腔外科oral surgery

口腔外科の診療内容

口腔外科の診療内容

口腔外科の分野というと、一般的には親知らずの抜歯をするところというイメージがありますが、それ以外にも口の中の腫瘍やのう胞、顎関節症、感染症、口腔がんなど、多岐に渡って治療を行う科目です。専門的な知識や治療技術が必要となり、口腔内だけではなく、患者さまの全身状態のコントロールが重要です。当院の医師は専門的に口腔外科を学んだ経歴を持ち、過去の経験で多くの症例を見てきています。的確な判断のもと、高い技術と豊富な経験に裏付けされた治療をご提供いたします。なお、リスクの高い症例については必要に応じて大学病院などの専門医療機関を紹介させていただくこともあります。

当院での親知らずの抜歯

親知らずの痛みを感じて、抜歯を希望される患者さまも多く来院されています。親知らずは一番奥に位置することと、横向きや埋まった状態で生えることが多いために歯ブラシが届きづらく、虫歯や歯肉炎になりやすいので、早めの抜歯をおすすめしています。当院ではできるだけ痛みを抑えて、低侵襲(最小限の骨の削除と最小限の切開)で精度の高い抜歯を行っています。親知らずのトラブルをお持ちの方には、まず治療に必要なデータを取らせていただき、的確な診査、診断を行った上で患者さまとしっかりと相談をして治療計画を立てていきます。

顎関節症の治療

顎関節症の治療

顎関節症は「顎が痛い」「口を大きく開けられない」「口を開閉すると音がする」などの症状を伴う疾病で、日常生活に支障が出ている場合には治療が必要となります。顎関節症の原因はさまざまで、噛み合わせの異常、精神的ストレス、歯ぎしり、外傷などの要因が複雑に絡み合って起こっています。当院では症例に合った適切な対応で苦痛の軽減を図ります。例えば噛み合わせが原因であれば就寝時に装着するマウスピースの作成や、噛み合わせの調整を行い、筋肉性の痛みであれば、痛みのある関節部分にレーザーを照射し、過度に緊張した筋肉をほぐして痛みを和らげる治療を施します。時間をかけてカウンセリングを行い、原因と最適な治療法を見極めていきます。