HOME妊娠中の方の歯科

妊娠中の方の歯科maternity

妊娠性歯肉炎に注意

妊娠性歯肉炎に注意

妊娠するとエストロゲンやプロゲステロンなどのホルモンの分泌が盛んになり、このホルモンを好む細菌がお口の中で繁殖することによって、歯茎の腫れや出血が起こりやすい状態になります。これを「妊娠性歯肉炎」とよび、妊娠初期から中期に多く見られます。そのままお口の中を不潔な状態にしておくと歯周病へと進行し、流産や早産、低体重児出生などにも繋がる恐れがあります。歯の表面に付いている歯垢や歯石が炎症の原因なので、予防と治療のためには、歯を1本ずつ丁寧に磨いて汚れを落とすことがもっとも重要になります。

妊娠中は虫歯のリスクが増します

妊娠中のつわりがひどい方は、歯ブラシを口に入れただけでも吐き気を感じることも多く、歯磨きがおろそかになりがちです。また、気分が悪くて一度に量を食べられないために食事の回数が増えて口の中が汚れやすくなり、その結果虫歯になる危険性が増加します。唾液の分泌が減ることも、口の中が酸性に傾き、虫歯を引き起こす原因となります。妊娠中は普段よりも虫歯になりやすい時期だと認識して、できる限りお口の中を清潔に保ち、治療をする必要がない状態を維持することが理想です。

妊娠中の歯のお手入れ

歯磨きは基本的に食後にした方が良いですが、つわりがある時にはそれにこだわらず、体調の良い時を選んでリラックスして磨くことをおすすめしています。歯磨き粉の香料が気になる方は何もつけずにブラッシングするだけでも十分効果があります。大きめの歯ブラシは粘膜を刺激して吐き気を引き起こすことがあるため、小さめの歯ブラシを使うと良いでしょう。

妊婦さんに配慮した歯科治療

妊婦さんに配慮した歯科治療

妊娠中期から後期に入ってお腹が大きくなると、仰向けの姿勢が苦しくなる方もいらっしゃいます。当院では背もたれをあまり倒さないようにするなど、楽な姿勢で治療を受けていただけるように配慮しています。つわりの重い時期に、治療の途中で気分が悪くなってしまった場合などは、少しずつ休憩しながら治療することもあります。できる限り体調に合わせた治療をしますので、希望があれば遠慮せずにお知らせください。

歯科治療は妊娠中期までに

基本的に歯科治療を受けてはいけないという時期はありませんが、妊娠後期から授乳期にかけては治療方法や処方するお薬などに制限がかかることが多くなり、また産後は赤ちゃんの世話に追われて歯医者に行く時間の余裕を持てないことも考えられます。できれば安定期とされる妊娠中期(5か月から7か月)までの間に治療を済ませることをおすすめしています。ただし、つわりや体調は個人差が大きいので、安定期でも治療が難しいことも考えられます。基本的には妊娠前にしっかりと歯の治療をおこない、妊娠中は普段のケアで虫歯や歯周病を防ぐことが大切です。