HOME義歯・入れ歯

義歯・入れ歯denture

義歯治療で心がけていること

当院では地域性もあって、入れ歯の治療で来院いただく患者さまが多くいらっしゃいます。自分にあった入れ歯を作り、使いこなせるまで歯科医院で調整すれば、次第に慣れて体の一部となり、楽しい食生活と若々しい顔立ちを取り戻すことができます。当院ではできる限り患者さまが痛みを感じることなく、しっかりと噛むことができる入れ歯を作ることを心がけています。

保険の入れ歯と自費の入れ歯

保険の入れ歯と自費の入れ歯

保険診療の範囲内でも十分満足いただける品質の入れ歯をお作りしており、多くの患者さまが保険の入れ歯を選ばれています。ただ、保険外のものも視野に入れていただくと、色、形ともに選択肢が大幅に増えて、より個人にあった自然な入れ歯を作ることが可能になります。保険外では、入れ歯を支えるために「クラスプ」という金属のバネを使わないものや、土台の部分が金属でできている薄くて丈夫な金属床と呼ばれるものなどから、患者さまのご要望を丁寧に伺いながら決めていきます。最近ではノンクラスプデンチャーを希望される方が増えています。

ノンクラスプデンチャーで自然な入れ歯を実現

ノンクラスプデンチャーは保険診療の入れ歯と異なり、金属のバネを使っていないため、大きく口を開けても入れ歯だということが全くわかりません。自然で美しい笑顔を取り戻すことができ、金属アレルギーの方も安心です。入れ歯自体が薄くて軽い仕上がりで、つけ心地がよく、針金を使っていない分異物感が少なくなっています。金属床義歯ほどの強度はありませんが、普段の生活には十分な耐久性を備えています。

個人トレーをお作りしています

入れ歯を作成する手順の中に、トレーと呼ばれる器を使って上顎と下顎の型を取る工程があります。多くの歯科医院では既成のトレーのみを使用して型取りを行っていますが、当院では必ず全てのケースにおいてその方にぴったり合った専用トレーを作らせていただいています。使用感に優れた入れ歯製作には、精密な型取りを可能にする個人トレーは不可欠です。噛み合わせをしっかり意識し、時間と手間をかけて義歯治療に取り組むことで、患者さまに満足度の高い入れ歯をご提供しています。