HOME審美歯科・ホワイトニング

審美歯科・ホワイトニングcosmetic dentistry

見た目と機能性の両方を高める審美歯科

見た目と機能性の両方を高める審美歯科

審美歯科で重要なことは的確な診断です。まずは審美治療ができる状態であるかどうかの診断をしっかりと行って、問題がないことを確認した後は積極的に治療を進めていきます。審美歯科では見た目を整えると同時に、「しっかり噛むことができるか」「ほかの歯とのバランスが整っているか」といった機能性の部分を重視しながら治療を行う必要があります。見た目を大切にしながら機能美も同時に追求することが審美歯科のポイントになります。当院では優れた技術を持つ歯科技工士と綿密な連携を取りながら、皆様に満足していただける審美治療をご提供しています。

院で扱っている素材

ハイブリッド

セラミック(陶器)とレジン(プラスチック)を混ぜた材料です。保険の範囲での治療で使用する材料よりも変色しにくく、オールセラミックスやジルコニアに比べて比較的安価に治療が可能です。柔らかい素材であるため、周囲の歯を傷つける心配がありません。

メタルボンド

金属の被せ物を白いセラミックで覆った人工歯です。裏側に金属を使っているため耐久性が高く、摩耗しにくいのが特徴です。表面はセラミックなので審美的にも優れています。美しさと金属の強度を兼ね備えた、古くからある信頼性の高い修復方法です。

オールセラミックス

変色の原因となる金属を一切使用していないので、光の透過性が良く、まるで天然の歯のような美しく透明感のある歯に仕上げることが可能です。金属アレルギーの方にも最適です。歯垢がつきにくく摩耗に強い点、変色しない点も大きなメリットです。

ジルコニア

今までのセラミックよりも硬く、耐久性に優れています。特に噛み合わせの力が最もかかる一番奥の歯には最適の素材です。口の中で安定しているため変色や劣化を起こさず、歯や歯茎に馴染んで体に悪い影響を与えることがありません。金属アレルギーの方も安心して使うことができます。

白い歯を手に入れて明るい毎日を

白い歯を手に入れて明るい毎日を

保険診療での治療では、ほとんどの場合で詰め物・被せ物に銀色の金属を使用します。しかしこの銀歯は白い歯の中でとても目立つため、気になって人前で笑うのをためらったり、食事を楽しめなかったりしている方も少なくありません。思い切って審美歯科で白い人工歯に替えることで自信を取り戻し、「大きな口を開けて笑うことができるようになった」「性格が明るくなった」という声を多数頂いています。綺麗で健康的な口元には、自然でイキイキとした笑顔や自信を生み出す効果があります。

ホワイトニングについて

ホワイトニングについて

ホワイトニングは歯に専用の薬剤を塗布することで、歯の内側から白さを取り戻す処置です。当院では院内で行うオフィスホワイトニングと、患者さまご自身に自宅で行っていただくホームホワイトニングの両方の設備を備えています。ホワイトニングにはさまざまなメーカーがありますが、当院では歯科材料会社大手のGC社が開発した「ティオン」を使用しています。歯がしみるなどの刺激が少なく、効果が高いという特徴があります。最近では年齢や性別を問わず多くの方がホワイトニングを希望され、白く清潔感のある歯を実現しています。

歯茎のメラニン除去

歯茎の黒ずみは、ほくろと同様にメラニン色素が粘膜に沈着して起こります。生まれつき歯茎が黒ずんでいる方もいらっしゃいますが、煙草や歯周病なども歯ぐきが黒くなる原因になります。歯茎のメラニン除去は、歯ぐきにレーザーを照射してメラニン色素を取り除くことによって、ピンク色の歯ぐきを取り戻す治療です。健康的な色の歯茎を希望される方にご好評いただいています。元々のメラニン色素の沈着状況によって、歯茎の色が回復するまでの時間には個人差が生じます。