HOME虫歯治療

虫歯治療caries treatment

痛みの少ない電動麻酔&レーザーによる無痛治療

当院では麻酔時の注射の痛みが苦手な方にも痛みの少ない治療を受けていただけるように針を刺す前には表面麻酔薬を塗り、歯科で使われている中でもっとも細い33Gのサイズの針を使用した電動麻酔注射器で麻酔針が刺さる時の刺激や痛みを最小限に抑えるようにしています。
また、治療にレーザーを用いることで、痛みの軽減が出来ます。痛みや振動などの不快な思いを感じず、副作用も御座いませんので妊婦さんやアレルギーをお持ちのお子さんや成人の方にも安心して治療を受けていただけます。

的確な診断とMI治療

虫歯の治療とひとことで言っても、進行状況によって取るべき対応や最適な治療法が異なります。その選択が歯の寿命を大きく左右しますので、まずは的確な診断を行い、どこまでの治療が必要かについて迅速な判断をすることを大切にしています。また、当院では「できるだけ健康な歯を削らない」という考えに基づき、MI(ミニマル・インターベンション)治療を実施しております。近年この考え方に基づき歯科材料や器材、技術がめざましく進歩していますので、従来の虫歯治療では神経を取らなければならなかったような大きな虫歯でも、高い確率で神経を残せるようになりました。多くの方に大切な歯を守っていただけるよう、日々努力を重ねています。

治療を先延ばしにするリスク

治療を先延ばしにするリスク

歯に何かのトラブルが起こって痛みを感じても、日々の忙しさに流されてつい放置してしまうという方が少なくありません。しかし、痛みに気づいた時にはすでにかなり進行している可能性があります。虫歯や歯周病は、ある程度の時期までに治療しなければ、歯を支えている骨に影響が出ることが避けられません。痛いというだけでは済まず、最悪の場合には抜歯に至るリスクもあり、治療が長引くことで経済的にも大きな痛手となります。少しでも歯に違和感を感じたらできるだけ早く来院して治療を行うことが大切です。

歯の神経を抜くかどうかの判断

神経を取るかどうかの判断をする際には、まずは患者さまの自覚症状の有無を重視しています。「強い痛みを感じて日常生活にも支障がある」という状態であればもちろん神経を取ることも検討しますが、そこまでの自覚症状を感じていないようなら可能な限りは神経を残す治療を第一選択とします。レントゲン画像も判断材料としながら、患者さまにとってベストな選択をご提案しています。現在では各メーカーの裏層材(神経を保護するために修復物と歯の間に層を設けるための材料)の成分が向上しており、以前より神経を少しでも残す形で治療を進めることが容易な環境が整っています。神経を取ってしまえば簡単に治療が終了するケースであっても、手間を惜しまずにできる限り神経を守る方向で考えるよう心がけています。

抜歯をするかどうかの判断

抜歯をするかどうかの判断

歯を抜く必要があるかどうかについては、総合的な判断が必要となります。無理に残すとその歯が感染源となって周囲の歯に悪影響が出たり、歯周病のリスクになったりするような歯であれば、必要な処置として抜歯を選択します。しかし基本的にはできる限り抜歯を避ける形での治療を優先しています。レントゲンの検査結果と自覚症状を確認しながら、歯周病治療の経過を見て判断していきます。まずは原因となっている虫歯や歯周病の治療をしっかりと行い、抜歯をせずに状況を改善できる方法を追求しています。

歯の治療後の注意点

神経を取らない程度の治療を受けた場合

神経が残っている歯を治療した場合は、2~3日痛みが残ったり、しみる症状を感じたりする可能性がある点を事前にご説明しています。「虫歯を治したのに痛くなるなんておかしい」と誤解される方が時々いらっしゃいますが、これは虫歯を取り除いたことで一時的に神経が反応しているためで、自然な現象です。軽度の痛みがある場合には鎮痛剤を処方することもありますが、ほとんどのケースでは鎮痛剤を飲むほどの痛みにはなりません。特にインレー(詰め物)をした際など、一時的に痛みを感じても時間とともに収まります。

神経を取る治療を受けた場合

神経を取る治療の後、2~3日の間は歯に負担をかけないために固いものを噛むことを控えていただいています。特に奥歯の治療では、仮蓋が取れやすくなっているため注意が必要です。万が一仮蓋が外れてしまった時は、再び細菌に感染する恐れがありますのでできるだけ早めに受診してください。噛み合わせの高さが合わない時などもすぐにお知らせください。なお、治療後に麻酔が切れた際、一時的に痛みが出る可能性があり、必要に応じて鎮痛剤を処方しております。

根管治療を受けた場合

虫歯が悪化すると、虫歯菌が歯の神経が入っている管(根管)の中に入り込んでしまい、歯の神経や血管を蝕んでいきます。そのような場合には感染した根管内の神経や血管を取り除き、綺麗に洗浄・消毒してから隙間なく薬剤を詰めることによって歯の機能を回復させる「根管治療」を施します。歯を保存するためにはとても重要な治療ですが、歯の根はとても細く形態も複雑であるため、治療が完了するまでには長い時間がかかり、何回も来院していただく必要があります。患者さまにとっても医師にとっても根気が要る治療であることを最初にお伝えし、ご理解いただいております。